ポルシェ718ケイマン/ボクスターは新車?中古車?どっちがいい?中古車編

さて、新車に続き今度は中古車編です、どうぞ!

 

一般的な国産中古車同様、当然当り外れがあります。特に高額輸入車はその差が大きいように感じます。基本的には前オーナーは金持ちですw超偏見ですが多分合ってます。なので極端な場合、金持ち仲間から紹介された訳の分かんない景気だけ良い派手なショップで見栄えだけ良いカスタムや適当な上辺だけの整備をされた車両も一定の割合で混ざります(超偏見w)基本的にはそれを避ければ良いかと。

 

そうすると必然的に認定中古車からとなってしまいますが、3000km程度の高年式低走行のメーカー保障が残っているフルノーマル車両なら一般中古車店でも安心度は高いかと思います。整備手帳の確認も忘れずに。

 

認定中古車の場合、以前のブログにも書きましたがディーラーによって売り方と言うか売る姿勢、方向性が違います。ここからは、ケイマン/ボクスターに限らず911やカイエン等のポルシェ全般に当てはまるんじゃないかと思います。

 

認定中古車を探す場合、ポルシェジャパンのHPの中古車検索ロケーターで条件を入れて探すと思いますが、これでは掲載されているすべての車両が出ません。

 

何故かと言うと大々的に売り出し、全国的に売り込もうという商売っ気満々なディーラーと近隣のユーザーに今後も整備を含め長いスパンでお付き合いしたいというディーラーがあるからです。後者のディーラーは個別の正規販売店HPの認定中古車ページには載せますが、検索ロケーターには登録していない場合があるので各正規販売店のHPを見なければ全ての車両を見れません。もっと極端な例だとHPには一切載せず来店客、既存客のみをターゲットにしているディーラーもあるかもしれません。

このあたりの違いは経営母体の方針によるのではないかと個人的には考えます。大きく分ければ、国産車ディーラー、輸入車ディーラー、貿易商社の3形態が母体として考えられますが国産車ディーラーが前者、輸入車ディーラーが後者の傾向が強いんじゃないかと推測します。3つ目の貿易商社は有るのか無いのかも確認していませんが....。

 

認定中古車についてもうひとつ。

色々探して、「これだ!!」という1台が見つかったが遠方のディーラーだった場合。玉数が少ないポルシェですからご近所で見つかる可能性は低いですからねぇ。地方だと尚更です。

この場合どうするのが正解かはケースバイケースとなりますので私の経験とセールスさんに聞いた話をまとめておきます。

 

検索ロケーターで出る車両であれば直接問い合わせるのも有効ですが、最寄、又はお住まいの都道府県の正規ディーラーで何度かお話しているなら、そちらのセールスさんに相談してみたほうが後々のメンテ等のお付き合いで後ろめたさを感じにくいと思います。上手くいけばこちらのディーラーに業販してくれる可能性もあります。この場合の悪手は先に遠方ディーラーに連絡取ることです。その後、こちらのディーラーから先方に連絡入れると「商談中」とお断りされるケースが多いとのこと。

セールスさんの立場だと、条件の良い(価格、オプション、距離等)絶対売れる認定中古車を他所のディーラーに取られたくないはずです。自社のショールームに置いておけば自分の成績になる可能性も高いですから。

 

地域密着型ディーラーの場合はもう相談して方法を探るしかありません。この場合の成功率はかなり低そうですが、直接ディーラーに赴いて商談、納車は取りに行くなどとにかく向こうの条件を聞き出して落とし処を見つけるしかありません。

 

色々書きましたが、この辺りを踏まえて、より多くの車両を見て検討していけば納得の行く車両が見つかるんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

ポルシェ718ケイマン/ボクスターは新車?中古車?どっちがいい?新車編

さて、先日は718系を推しまくってきましたが、実際どう買う?という方向で話を進めていきます。

 

もし、予算があれば新車が一番良いのは当たり前ですが、半年程度は納期が掛かりますし、遅ければ1年なんてのもザラ。MTの生産枠は少なくいつ納車できるか分からないらしいなんて話も聞きますが絶対的な性能でなく、走りを楽しむケイマンならMTがオススメ。自分はPDKですが.......。

 

もうひとつの問題が悪名高き?ポルシェのオプション地獄。まあ、予算が潤沢であれば天国なんですどねw

せっかくの新車のポルシェ。どうせなら満足、納得のいくように仕上げたいと思いますがそれなら最低でも100万程度はオプションが必要(個人差かなり有)。PDK選ぶならキツイ。そこで半年程度ですが、私がケイマンに乗ってみて必要だと思ったオプション等を挙げていきます。

 

まずは、新車のグレード選び。個人的(現実的)にはベースかTグレードのどちらか。理想はGTS4.0だけど。

 

ベースモデルの場合

PASM  238000円

スポーツテールパイプ(ブラック) 90000円

電動可倒式ドアミラー  50000円

フロアマット 18000円

スポーツスタイルペダル 30000円

合計 426000円

 

基本この5点のオプションで満足できると思います。これ位シンプルにしないとノーマルグレードを選ぶ必要性が薄れると思います。テールパイプとペダルは完全に個人の趣味なので無くてもOK。

 

お好みと予算でPDK、メタリックカラー、オートエアコン、シートヒーターの4点からどうぞ。ボクスターであればシートヒーターは必須。あと、夜に走る機会が多いという方にはPDLSをオススメします。

 

走りに関するオプションのほぼ全てはボタンを押して機能を有効にする事で効果を発揮するものです。難しい言い回しになりましたが、正直言うと、超高性能なポルシェの場合、高速を含め公道ではその効果を堪能する機会は殆どありません。ただ、例外なのがPASM。これはアクティブにサスペンションをコントロールするのでOFF時にも機能は有効に働きます。ノーマルモードでは20インチを履いていても乗り心地は相当良いです。当然ONにすればドライバーの期待に応えてくれます。常時機能していると考えれば238000円もお買い得に思いませんか?

 

この点から高額定番オプションのスポーツクロノは無理に付けなくてよいと思います。

 

Tグレードの場合

スポーツクロノ、PASM、20インチホイールを選ぶならば必然的にケイマンTとなると思います。ケイマンにこの3点のオプションを付けると価格差は20万程度。この20万円でスポーツシートプラス、PTVが付くなら迷わずチョイス!となります。あとはケイマンで挙げた基本オプションを足せば満足できると思います。

 

私の経験と偏見による新車を選ぶ場合のオススメは以上となります。中古車編は次回のブログにて書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポルシェセンターへ(992試乗)

先日、ケイマン購入後初めて購入先のポルシェセンターへ行きました。

 

運転席のドアの開閉時にウインドウが少し下がったときに「ギギッ」とガラス同士が擦れる音がするようになったのでに調整してもらう為に訪れました。

 

f:id:cayman718fifty:20210530104806j:plain

赤マル辺りが接触

ガラス表面には影響はなく、厚み?の部分同士が少し擦れていただけで発見も早かったので調整だけで済みました。PCMのナビ関連のアップデート?改善?のサービスキャンペーンもありどちらも無償で事なきを得ました。

 

作業は1時間程度掛かるとの事なのでこの機会に911(992型)の試乗をしてみました。

 

f:id:cayman718fifty:20210530110415j:plain

911カレラ

軽くスタッフから説明を受け、人生で初めて911に乗り込むとあら不思議「フツーやん」という印象。なんなら、普段乗っているスイフトスポーツのちょっとシートが低いぐらい。走り出すと運転席からの見晴らしもよく、何故か車体の四隅まで分かるような気がしてとても初めて乗る車とは思えない。これなら通勤に使っても不自由ないし、サクッとコンビ二にも入れる。「普段の足にも使えるスポーツカー」という言葉を実感しました。世代は違えど、ハンドリング、ブレーキのタッチなどはケイマンに通ずるものがありやっぱりポルシェ!と納得しました。アクセルを踏み込めば爆速、下道では速すぎてブースト掛かった瞬間に軽く速度オーバー。リアシートもあるので二人分の手荷物くらい充分載るし、エマージェンシー的に4人乗車も可。本当に車として欠点が無い。ただひとつの欠点は「価格」これだけ。非日常感が少なく、刺激が足りないなんて事を言う方も偶にいますが、アクセルを踏み込んだ瞬間に非日常の世界が開けますから欠点にはならないと個人的には思いました。

短い試乗でしたが、これは何としても自分のモノにしてドライブを自由に楽しみたいと思いました。

 

何時になるか、その時は訪れるのか不明ですが頑張って働きますw

 

 

ケイマン/ボクスター購入のススメ

もし、ケイマン/ボクスターの購入を迷っている方がいれば、私はこう言うでしょう。

 

「買いましょう!!」と。

 

私のおすすめは718系ですが、ちょっと予算がたりなければ981でもいいと思います。981ならNA6発の快音を楽しめます。ただ最近値上がり傾向も見受けられるのでめぐり合わせた個体の程度と予算と相談して決めれば良いかと。

 

986/987もYoutubeの動画などで安価で購入して楽しんでおられる方もいますので、多少のリスクはあるでしょうがそこら辺は割り切って購入するのも有でしょう。ただ、自分である程度メンテができる、面倒みてくれそうな整備工場のアテがあればの話ですが。

 

 

私が考える ケイマン/ボクスターのオーナー予備軍の方は.........

*30~50代のある程度自由になるお金がある

*自分とパートナー若しくは友人の2人乗れれば充分

*単に早い車は要らない(パフォーマンス最重視でない)

*乗ってて疲れるタイプのスポーツカーはもう辛い

*ポルシェに憧れてる、若しくは誰もが褒めるポルシェとはどんなもんか試したい

 

基本的にはこの辺りが当てはまれば買って後悔はしないと個人的には思います。

 

 

時々、非オーナーの方からネガティブな言葉を聞きますがウソです(断言)。

 


www.youtube.com

 

10分程の動画なのでサクッと観れます。ケイマンの実力が分かります。

 

モータージャーナリストのインプレなんか、メーカーに忖度しまくりの提灯記事だと言う意見もありますが、.........まあ、広報車借りてるんだから悪口は言えないですわ、確かに。

 

ただ、ホットバージョンの峠シリーズはタイム出るんで比較できるし、オンボード映像にリアルタイムのコメント付くんでごまかし難いと思うんですよね。サーキットのタイムアタックより現実的な部分も多いし。メンツ的にもそれほど忖度しないと生きていけないって感じでもないし。国産4WD車だとタイトコーナーでサイド引きまくって、「ちょっとアンダーですかねぇ」なんてコメントするときあるけどwww

 


www.youtube.com

 

こちらも参考にどうぞ。


www.youtube.com

五味ちゃんはついつい本音が出ちゃうでお馴染みのモータージャーナリスト。多少の忖度はあるんでしょうが、このテンションは本物だと思います。

こちらは718Tになりますが、エンジンは2リッター4気筒ターボ300馬力なのでベースグレードと基本は変わらないと思います。後は、オプション次第ってとこですかね。

 

動画みてもらえれば、自分があれこれ言う必要ありませんね。

 

自分がケイマンオーナーなのでボクスター要素ありませんでしたが、色々調べていた経験からすると、ケイマンに比べボディー剛性がちょっと落ちる(素人が公道走る分には違いが分からない程度)。逆にいえば力がうまく逃げて乗り心地が良いという表現をする意見もあります。あとは防犯上の理由からも車庫、ガレージがあった方が無難だし、個人的には、毎回洗車機にぶち込むのも抵抗あるかなぁ。これらの少々の弱点?と引き換えにボクスターは最高のオープンエアモータリングが堪能できます。自分が次に乗り換えられるならボクスターGTS4.0のMTが良いと企んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケイマンをリフトアップしてみた

先日、ケイマンをリフトアップする機会がありましたので写真を撮ってみました。

 

実は、ホイルをコーティングする際にどうせなら奥まできっちりやってしまおうという事で車体から外して自分で施工する際に片手間で撮った写真なので、ちょっと中途半端かもしれませんがそこはご勘弁を。何かの参考になれば。

f:id:cayman718fifty:20210521080655j:plain

まずはリフトアップしてホイルを取り外し

f:id:cayman718fifty:20210521080322p:plain

フラットですね~

何も見えません!空力面では優れますが、整備性は当然悪いです。遠い昔に遊んだRCカーのシャーシを思い浮かべました。

f:id:cayman718fifty:20210521080603j:plain

フロント側

f:id:cayman718fifty:20210521080632j:plain

リヤ側

f:id:cayman718fifty:20210521080538j:plain

車体前方

f:id:cayman718fifty:20210521080424p:plain

車体後方

登録より約2年半8600kmの割には綺麗でした。およそ2年間はポルシェセンターのデモカーとして使用、残りの半年は私がほぼ毎週ドライブして6000km走行。

 

このタイトルでブログ書くならもっと色んな角度から撮っておけばよかったと後悔。

 

これからも雨の日は乗らずに綺麗な状態で乗り続けたいなぁ。

f:id:cayman718fifty:20210521080724j:plain

コーティング後のホイル

ホイルはそこそこ綺麗に写っていますが、20インチカレラホイルには購入したコーティング液では足りませんでした。結局薄くしか塗れなかったので効果は半分以下でしょう。手間考えたらプロにお任せしたほうが良いかも。

 

 

箱根

先日、ちょっと足を伸ばして箱根周辺へドライブに行ってきました。

 

まあ、かれこれ20年ぶり位でしょうか。前回はバイクでしたね。

f:id:cayman718fifty:20210502134017p:plain

まずはお決まりのターンパイク入り口にて

ターンパイクは走り易いのですが、時折取り締まりが行われている場合も有ると聞くので速度は控えめに。しばらくすると赤のトヨタ86が後ろに付いたので道を譲ろうかとも思いましたが、ダッシュボートにぬいぐるみの様な物を置いていたので走り屋じゃないんだろうと思いペースを変えずに走っていると追い越していきました。

 

そんなこんなで景色を楽しみながら走っていると終点?の大観山へ。

f:id:cayman718fifty:20210502135219j:plain

 

 

f:id:cayman718fifty:20210502174726p:plain

これも定番のブランコにて

椿ラインで湯河原まで下りて、Uターンしてまた上り、芦ノ湖スカイラインから箱根スカイラインへ。

ターンパイクより芦ノ湖スカイライイン、箱根スカイラインのルートの方が全然お勧めです。走りやすさは五分ですが景色が断然良いのでドライブには最適でした。

f:id:cayman718fifty:20210502180026j:plain

f:id:cayman718fifty:20210502180119j:plain

こういうご時勢なので写真と食事のみ車から降りるだけで観光らしき事はゼロ。

 

走るだけ走って給油後、帰路へ。

f:id:cayman718fifty:20210502181156j:plain

幸い天気にも恵まれ、久しぶりの箱根でポルシェライフを楽しめました。

迷い........

さて、ちょっとお久しぶりになり、季節も冬から春へ。

 

昨年のクリスマスイブイブに納車されて、月1300~1500km走ってきましたが、4月に入りちょっと落ち着き、このペースで走ると色々問題が出るのじゃないかと不安がよぎるようになりました。

 

現在の走行距離は7000km、納車時は2800km。

 

 

現状考えると難しいのですが、911への乗り替え、若しくはボクスターGTS4.0への乗り換えも考えていたので、距離が伸びることでの売却額ダウン、乗り換えないにしても各部の消耗によりメンテナンス費のアップが心配になってきました。

 

まあ、この際乗り換えは無いとしてもメンテナンス費増大は痛い。

来年1月の初回車検はそこまで心配してないですが、2回目35000kmで車検+ブレーキ周り一式とバッテリー交換で40万オーバー!というブログ記事をみてびびってます。あとタイヤ交換時期が重なれば更に!!購入前にこの程度は掛かるとは理解してはいましたが、現実味が出てくると恐ろしいw

 

一応、1.5年分くらいの維持費(車検、点検、オイル交換、税金、任意保険等)は確保してはいますが、ごく一般的庶民の自分にはポルシェ維持費は高額です。

 

あ~、ちょっと精神的に疲れてきて、ケイマンでドライブしても頭の中に「維持費」問題がチラチラして以前のような「楽しい!」だけじゃなくなってきたような。

 

あれこれ考えても面白くないので、良い季節になったのだからそこまで神経質にならず近場とガッツリとのメリハリつけてドライブを楽しもうと思います。

f:id:cayman718fifty:20210407104555p:image

 

ただ、先週NDロードスター試乗したのですが、すごぶる良くてもういっそうの事乗り換えるかとも一瞬思っちゃいましたw